ホーム > 研究成果 > 評価書 > 技術ガイダンス「室内暴露評価」

技術ガイダンス「室内暴露評価」

概要

室内での化学物質への消費者や作業者の暴露を評価することは、そこで過ごす時間が長く、また様々な化学物質の発生源が存在するため、ヒト健康リスク評価に際して重要です。本技術ガイダンスでは、国内外で開発され、規制等に使用されている室内消費者暴露と作業者暴露の評価に用いられている数理モデルやコントロールバンディング法について概説しました。

*本ガイダンスはNEDOプロジェクト「化学物質の最適管理をめざすリスクトレードオフ解析手法の開発(2007~2011年度)の一環として作成されました。

ダウンロード対象ファイル

ダウンロードにはダウンロードフォームへのご登録が必要です。

 技術ガイダンス「室内暴露評価」 (pdfファイル 2.9 MB)

ダウンロード

ダウンロードを希望する方は、下記アンケートにご協力下さい。
*なお、ここでご記入いただく個人情報に関しては、事前の許可無しには、いかなる第三者にもこれを開示いたしません。