ホーム > 研究成果 > 評価書 > ナノ炭素材料の自主安全管理支援のためのケーススタディ報告書 > [ケーススタディ報告書]剥離グラフェンの安全な取り扱いのための 環境・生体影響および飛散性情報の紹介

[ケーススタディ報告書]剥離グラフェンの安全な取り扱いのための 環境・生体影響および飛散性情報の紹介

Grapheneデータ&自主安全管理初版ダウンロード

 

本書は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下、産総研)またはTASCから提供する「剥離グラフェン(以下、本材料)」に関して、それを事業または研究開発の目的で取り扱うユーザーが、本材料を安全に取り扱うための自主安全管理方法を策定するための一助として利用できるように、安全性に関する既存情報、産総研から提供された情報、およびTASC独自で実施した評価結果をまとめたものです。

なお、本書に記載した本材料の安全性(リスク)は、主に2016年6月時点において入手可能な資料・情報・データ等に基づき判断したものであり、本材料の安全性を保証するものではありません。したがって、ご使用者の使用量、作業環境等の実態をご勘案のうえ、お取り扱いいただきますようお願い申し上げます。