ホーム > 研究成果 > 受賞 > 第52回大気環境学会論文賞(学術部門)

第52回大気環境学会論文賞(学術部門)

  • 2011年09月15日受賞

メンバー

受賞理由


「関東地方における夏季地方オゾン濃度のNOx、VOC排出量に対する感度の地理分布 第Ⅰ報 大小2種類の植物起源VOC排出量推定値を入力した場合の数値シミュレーションによる推定」(http://www.jstage.jst.go.jp/article/taiki/45/5/183/_pdf/-char/ja/)

本論文は、化学輸送モデルに異なる植物起源VOC排出量を入力し、地表オゾン濃度のNOxおよびVOC排出量に対する感度レジームの変化を解析したものである。従来から用いられてきた植物起源VOC排出量の推定値と、日本に自生する植物種からのVOC排出量を考慮した推定値によるモデルの応答を比較した結果、地表オゾン濃度の低下に対しVOC排出量の削減が有効と考えられる地域と、NOx排出量の削減が有効と考えられる地域の地理的分布に大きな違いがあることを明らかにした。
NOxおよびVOCの排出削減が進んでいるにもかかわらず、高濃度オゾンの出現日数は増加傾向にある今日、本論文で得られた結果は今後の大気環境研究の発展と、より効果的な政策の立案に貢献するものである。よって、ここに大気環境学会論文賞を贈ります。

受賞報告

対象論文

関東地方における夏季地方オゾン濃度のNOx、VOC排出量に対する感度の地理分布 第Ⅰ報 大小2種類の植物起源VOC排出量推定値を入力した場合の数値シミュレーションによる推定

井上 和也、安田 龍介(大阪府立大学)、吉門 洋(埼玉大学)、東野 晴行
大気環境学会誌第45巻第5号、183-194、2010.

受賞者(井上)から一言

この度は、大学院のときからずっと(10年以上)所属している大気環境学会から論文賞を授与して頂き大変光栄です。一生懸命やっていればたまにはよいこともあるのだなーと大変励みになりました。選んでくださった方々、表彰理由を書いてくださった方、および、大気環境学会会員の皆様に心から感謝の意を表したいと思います。