ホーム > コラム > 計画停電と空調節電対策(速報)(7): 高反射化

計画停電と空調節電対策(速報)(7): 高反射化

グループ 社会とLCA研究グループ
メンバー 井原 智彦

(7) 屋上の高反射化

建築物の屋上面に高反射率塗料(遮熱塗料、太陽熱高反射塗料)を塗装することによって、屋上面の日射反射率を70%に引き上げると、事務所でわずかな効果、住宅では数%の効果がありました。ただし、住宅に導入した場合、冬季の暖房に伴う電力重要を増大させる可能性8)があります。

屋上のみに高反射率塗料を導入する設定であるため、高層ビルの多い事務所では効果が小さくなっています。

demandCurve_rr_0
図18 屋上の高反射化を実施した場合の需要カーブ(最大電力需要日)

[前へ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [次へ]

関連コラム: [1]