ホーム > イベント > 平成27年度 産総研 エネルギー・環境シンポジウムシリーズ
安全科学研究部門講演会

平成27年度 産総研 エネルギー・環境シンポジウムシリーズ
安全科学研究部門講演会

日時
2016年2月29日 13:30
場所 産総研 臨海副都心センター 別館11階会議室(東京都江東区青海2-4-7)

報告

「産業ニーズに応えるデータベース・評価ツール群
〜安全で持続可能な社会に向けて〜」

リーフレット(PDF)はこちら

産業技術総合研究所安全科学研究部門では、産業保安、化学物質リスク、ライフサイクルアセスメント、エネルギーに関する研究を進める中で、各種のデータベース、評価ツール(ソフトウェア)を開発してきました。本シンポジウムでは講演会と展示会を通じて私たちの研究を紹介し、安全で持続可能な社会に向けて事業者や行政で活用いただくために、来場される皆さまとコミュニケーションをはかることを目的として開催しました。
当日は多くの方々にお集まりいただき、誠にありがとうございました。
弊部門の研究をご紹介し、関係の皆さまから多くのご意見を賜り、交流出来ましたこと、大変貴重な機会となりました。この成果を今後の研究に反映させて参る所存です。今後とも弊部門の研究にご注目頂き、ご意見等賜りますよう、お願い申し上げます。

開催概要

日時: 平成28年2月29日(月)13:30~18:00 (受付開始 13:00)
会場:産総研 臨海副都心センター
別館11階会議室(東京都江東区青海2-4-7)
参加費:無料
交流会:会費制(2,000円)
定員:200名

プログラム

【講演会】安全科学研究部門でのデータベース・評価ツール開発

13:30 開会挨拶 小林 哲彦(産総研 理事/エネルギー・環境領域長)
来賓ご挨拶 山内 輝暢(経済産業省 産業製造局 化学物質管理課 課長)
来賓ご挨拶 庄野 文章(一般社団法人 日本化学工業協会 常務理事)
主催者挨拶 本田 一匡(産総研 安全科学研究部門 研究部門長)
14:00 リレーショナル化学災害データベース(RISCAD)と事故分析手法PFA
牧野 良次(爆発利用・産業保安研究グループ 主任研究員
化学物質からの暴露とリスクを知るための各種ソフトウェア
東野 晴行(環境暴露モデリンググループ グループ長)
ナノ材料のリスク評価
蒲生 昌志(リスク評価戦略グループ グループ長)
環境を評価するインベントリデータベースIDEAの開発
田原 聖隆(社会とLCA研究グループ グループ長)
16:00 講演会終了

~ コーヒーブレイク ~

【展示会】ポスター展示・デモンストレーション

・産業事故の防止のためのデータベースと評価技術
– リレーショナル化学災害データベース(RISCAD)と事故分析手法PFA
– 爆発安全情報データベース
– 低頻度大規模災害のリスク評価
・化学物質からの暴露とリスクを知るための各種ソフトウェア
– 大気モデル ADMER/ADMER-PRO
– 河川モデル SHANEL
– 海域モデル RAM
– 製品暴露ツール CX
– 生態リスクツール MeRAM
・ナノ材料のイノベーションを支えるリスク評価技術
– ナノ材料のイノベーションを支えるリスク評価技術
– ナノ炭素材料の安全性評価:支援技術の開発と普及
– ナノ炭素材料の排出・暴露評価:支援技術の開発と普及
– 簡便な動物試験によるナノ材料の有害性評価:気管内投与試験
– リスク評価を支える様々な有害性試験手法 ~その長所短所と適した用途~
・環境とエネルギーを評価する手法とデータベース
– 環境を評価するインベントリデータベースIDEAの開発
– 将来技術の価値を評価するためのLCA評価手法
– 金属の安定供給に向けた資源リスクの可視化
– エネルギー有効利用のための分散型エネルギーマネジメント技術
18:00 展示会終了

【交流会】18:15-20:00(別館11階 リフレッシュコーナー)

 

当日の写真

本田部門長からの挨拶

本田部門長からの挨拶

蒲生グループ長の講演

蒲生グループ長の講演

展示会の様子

展示会の様子

展示コーナースポットライト

展示コーナースポットライト