ホーム > イベント > 令和元年度 化学物質の安全管理に関するシンポジウム  「化学物質の評価・管理に関する手法やツール等の活用状況」

令和元年度 化学物質の安全管理に関するシンポジウム  「化学物質の評価・管理に関する手法やツール等の活用状況」

日時
2019年11月28日 13:30
場所 東京大学弥生講堂一条ホール

概要

日時:2019年11月28日(木)13:30~17:40 (受付開始 13:00)

場所:東京大学弥生講堂一条ホール(東京都文京区弥生1丁目1-1、東京大学弥生キャンパス内)

地図・所在地:http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/

 

概要:令和元年度「化学物質の安全管理に関するシンポジウム-化学物質の評価・管理に関する手法やツール等の活用状況-」が開催されます。当部門の環境暴露モデリンググループ主任研究員の石川百合子による「河川流域の化学物質リスク評価のための濃度予測モデルの開発と活用」と題する発表も行われます。

 

告知情報およびプログラム等の詳細については(独)製品評価技術基盤機構のサイト(下記)をご覧ください。

https://www.nite.go.jp/chem/simpo201402/sympo201911_index.html

 

参加申し込みは下記サイトにて11月15日まで受け付けております。

http://www.cdsympo.com/nitesympoform2019/form.html

グループ

メンバー