ホーム > 部門紹介 > グループ紹介 > 環境暴露モデリンググループ

環境暴露モデリンググループ

グループ長 梶原 秀夫

メンバー

 化学物質のヒトや生態系へのリスク評価において、最も基礎となる暴露評価技術の開発を行っています。
 具体的には、大気、河川、海域、室内製品等の媒体別に、化学物質からの暴露とリスクを評価する種々のモデル(ADMER、ADMER-PRO、SHANEL、RAMTB、ICET等)を開発しています。これらのモデルは、誰もが使える評価ソフトウェアとして、産総研安全科学研究部門のウェブサイトからダウンロードやDVD-ROMで入手できるように公開しています。化審法対応など行政での活用だけでなく、技術相談、技術研修、共同研究等を通じて民間企業のCSRやレスポンシブルケアでの対応などに活用されることを目標としています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

イベント

年報