ホーム > 部門紹介 > 部門長挨拶

部門長挨拶

安全科学研究部門長 緒方 雄二

 2017年4月1日付で本田部門長の後任として部門長職を拝命しました。中西初代部門長から4代目になります。これまで、安全科学研究部門は、中西部門長、四元部門長、本田部門長のお力で、基盤を築き高い評価を得る様になりました。
 安全科学研究部門では、現在、重点課題として、①「安全管理政策に資するリスク評価研究」、②「鉱工業のイノベーションを支えるリスク評価技術の開発」の2つのテーマで研究開発を進めています。これらの研究課題では、産業と環境が共生する社会の実現に向けて、化学物質や材料、エネルギーを適切に利用することで、環境リスクやフィジカルリスクの評価・管理手法を開発し、行政・企業等の社会ニーズおよび国際化へ対応しています。また、環境リスクやフィジカルリスク、エネルギーの評価・管理手法で産業のイノベーションを支える評価技術の開発を行っています。
 安全科学研究部門で実施している研究は、近年流行りのAI研究等とは異なり決して派手な研究ではありませんが、産業の発展と環境が共生する社会で、国民が安全・安心に暮らせる持続的成長が可能な社会を実現させるために重要な研究です。安全研究は、産業の基盤を支える重要な研究であり、研究者が急がずに地味な研究を進めることで、日本の持続的な発展に貢献したいと考えています。
 安全科学研究部門長

 

過去の挨拶(2014/10/1)

過去の挨拶(2013/4/1)

過去の挨拶(2011/4/1)

過去の挨拶(2008/6/25)