ホーム > 部門紹介 > グループ紹介

グループ紹介

リスク評価戦略グループ

主にナノ材料と化学物質のリスクについて、その管理を念頭においたリスク評価のあり方(戦略)を研究しています。ナノ材料に関しては、行政利用を想定した効率的な有害性評価方法の開発と、事業者による自主安全管理のための簡便な有害性評価技術開発に取り組んでいます。化学物質に関しては、複数物質への暴露によるリスクも含め、人健康リスクと生態リスクの両方について、有害性推定手法の開発と現実の問題への適用に関する研究を行っています。

環境暴露モデリンググループ

環境暴露モデリンググループでは、化学物質のヒトや生態系へのリスク評価において、最も基礎となる暴露評価技術の開発を行っております。具体的には、大気、河川、海洋、消費者製品等の媒体別に、化学物質からの暴露とリスクを評価する種々のモデル(ADMER、ADMER-PRO、SHANEL、RAMTB、CBAM、AIST-CX、METI-LIS等)を開発しています。

排出暴露解析グループ

新規物質や代替物質、混合物などについて、ヒト健康や生態へのリスクの評価を進めています。
それらの物質のライフサイクル全体を考慮した排出・暴露解析を実施し、物性解析手法、環境中への排出量推定手法、ヒト・生物の暴露量・リスク推定手法等の開発に主に取り組んでいます。
また、自然災害リスクや新規技術による事故リスク評価にも取り組み、水素エネルギーキャリア物質のリスク評価手法の開発や放射線対策のリスクトレードオフ解析に取り組んでいます。

爆発安全研究グループ

当グループでは、爆薬に代表される高エネルギー物質等の発火・爆発現象の解明を進め、安全性評価手法や安全化技術、爆発影響を低減化する技術、高エネルギー物質を有効に利用する技術など、爆発安全に関連した基礎から応用に至る幅広い研究を実施しています。
また、火薬類の行政ニーズにも積極的に対応しており、大規模な野外爆発実験も実施しています。
得られた成果は、安全な取扱技術の基準作成等に反映されると共に、国連試験法の提案などを通じて国際的な危険物質の取扱基準の策定に役立てられるなど、安全・安心な社会の実現に貢献しています。

爆発利用・産業保安研究グループ

水素などの可燃性ガスや新規のエネルギーキャリア、新規微燃性冷媒、火薬類などのエネルギーを有する物質の優れた特性を利用するためには、それら適切に制御する技術によって事故の発生を防止し、また、万が一の事故の際の被害を低減させる技術によって安全性を確保しながら活用する必要があります。このため、当グループでは、自主的に管理された産業保安技術による安全・安心な社会を実現するために、1)高圧ガスなどの安全利用、2)火薬類の安全利用、3)産業保安に関する研究を中心に、燃焼・爆発安全における行政・社会の要請に応える研究を行っています。

社会とLCA研究グループ

新しい技術を社会に導入したとき、環境や社会経済にどれだけの効果や影響があり得るのかを把握することは、技術の普及戦略やそれを促進するための制度を検討する上で重要な役割を果たします。
ある製品やサービスに関係する活動の連鎖を「ゆりかごから墓場まで」考えて環境への影響を評価する手法を、ライフサイクルアセスメント(LCA)と呼びます。社会とLCA研究グループでは、LCA手法やLCA的思考を研究の中心に据え、資源リスク分析やエネルギーシステム分析などと組み合わせることによって、環境だけでなく社会経済への影響や波及効果を分析するための評価手法の開発と、それらを用いた技術評価や持続可能な社会を実現するための社会制度設計に関する研究を進めています。

エネルギーシステム戦略グループ

 エネルギーシステム戦略グループは、安定供給、経済効率、環境適合、安全性(3E+S)という4つの評価軸から見て最適なエネルギーシステムはどうあるべきか、という問題にエネルギー技術評価というアプローチで取り組んでいるグループです。主要な研究テーマは、数理モデルを用いたエネルギーシステム分析、グローバルな持続可能性指標の推計、民生分野の省エネルギーの分析と評価、将来技術のコスト・環境負荷削減効果の評価、住宅地を対象としたエネルギーシステムの研究、などです。

IDEAラボ(Research Laboratory for IDEA)

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 安全科学研究部門にIDEAラボが2017年4月1日に設立されました。我々が開発しているIDEA (Inventory Database for Environmental Analysis)をベースに国際連携、新材料や新技術開発の評価を実施していきます。

過去のグループ

高エネルギー物質研究グループ

爆発現象を化学的な視点から研究することを目標としています。高エネルギー物質の安全化技術、暴走反応の機構解明、危険性評価技術の開発、安全な取扱い技術の基準作成等を行っています。現象解明では、コンピュータケミストリ手法、分光計測技術に着目し、その基盤技術の確立を目指しています。当グループは、産業の健全な発展を支えるため、化学物質の爆発危険性に関する民間企業の依頼、相談を多数受け、その危険性評価に誠意を持って対応しています。

爆発衝撃研究グループ

爆発衝撃に関する物理・工学の研究を中心に、爆轟や衝撃波の物理・化学、動的衝撃圧縮の物質工学への応用、など広く爆発安全に関連する科学・工学の基礎を研究しています。また火薬類の行政対応の研究ニーズが多いことから、当グループのポテンシャルを生かした野外での大規模実爆実験を実施しています。最近のテーマとしては、火薬類の衝撃感度試験や新型火薬庫の保安距離に関する安全性評価研究などがあります。

物質循環・排出解析グループ

物質循環・排出解析グループでは、主に化学物質のリスクについて、新規物質や代替物質の物質フロー推定手法や環境中への排出量推定手法の開発、発生源の同定手法の開発を中心課題として、研究を進めています。そして、新規物質のリスク評価や代替物質のリスクトレードオフ評価を通じて、物質代替・新規開発の意思決定や排出抑制対策などの行政、企業のリスク管理に還元することを目標としています。

持続可能性ガバナンスグループ

持続可能で安全な社会に向かうために、行政部門、企業部門、一般市民それぞれが合理的な意思決定を行うことが可能となるような各種評価手法を開発し、それらが社会に実装されることを目標としています。

素材エネルギー研究グループ

持続可能な社会の中で素材、エネルギーの分析、評価を通じて、それらのあるべき方向を提言することを目指した研究を進めています。
素材(物質ストックの評価、中古品・二次資源輸出入フロー分析、リサイクル評価)、エネルギー(交通システム評価、エネルギー技術受容性の評価、バイオマス評価)、分析・評価手法(マテリアルフロー分析、ライフサイクルアセスメント、産業連関表分析、社会調査)などです。

広域物質動態モデリンググループ

広域物質動態モデリンググループでは、化学物質の最適なリスク管理を実現するマルチプルリスク評価手法を確立するために、数理・統計・実験モデルによる暴露情報・有害性情報の予測手法とともに物質間の異なるリスクを比較する手法を開発しています。また、開発する手法を物質代替に伴うリスクトレードオフや新規技術の導入に伴うリスクの総合的評価に適用し、開発した手法とともに実施したリスク評価の結果を公表することにより、リスク評価に基づく化学物質管理の一層の普及を目指しています。