ホーム > メールマガジン > AIST-RISSメールマガジン第2号

AIST-RISSメールマガジン第2号

はじめに

産業技術総合研究所安全科学研究部門よりメールマガジン第2号を配信いたします。

このメールマガジンは転送を歓迎しています。

目次

  • 研究成果のご案内
  • イベントのご案内
  • 新規掲載コラムのご案内
  • 受賞等のご報告
  • 退会・メールアドレス変更手続き

研究成果

有害化学物質生物蓄積モデルのソフトウェアを公開しました。

有害化学物質生物蓄積モデルは、海域での食物連鎖を考慮し、生物(魚類)に
蓄積される化学物質濃度を推定することができるモデルです。
以下の機能を備えています。

  • 生物に蓄積される化学物質濃度および量の推定
  • 化学物質濃度推定のための計算パラメータの設定
  • 時系列表示を含む、計算結果の空間分布図化
  • 計算結果の任意の点での時系列表示
  • 計算結果及び作図の抽出(CSV形式)(BMP・JPEG・WMF形式)

本モデルを用いることにより、リスク評価に携わる研究者や評価者だけでなく、
国や自治体など行政を担う方や企業や教育関係の方においても化学物質のリスクについて関心を持って頂ければと思います。

報告書「ナノテクノロジーに関する認知・態度・行動」を発表しました。

ナノテクノロジーの発展や市場化にともなって、人々の認知・態度・行動がどのように変化するかについて定点観測を行っています。2005年から2009年まで毎年春に一般人に対してアンケート調査を行いました。本報告書はそのアンケート 調査の単純集計結果や経年変化について簡単にまとめたものです。
日本語版
英語版

イベントのご案内

中西準子退任記念講演会のお知らせ

中西準子は2011年3月末をもって安全科学研究部門長を退任いたします。
つきましては、下記のとおり、退任記念講演会を開催いたします。

  • 日時: 2011年2月25日(金)15:00(予定)
  • 場所: 東京都北区王子 北とぴあ つつじホール(予定)
  • 演題: リスク評価なくしてイノベーションなし-産総研の10年と今後-

講演会終了後に、懇親会(会費制)を予定しております。
詳細および参加申し込みにつきましては、部門ホームページにて随時ご案内
いたします。

第9回エコバランス国際会議(EcoBalance 2010)

日時: 2010年11月9日~12日
場所: 日本科学未来館

International Conference on Accident Prevention

日時: 2010年10月20日~22日
場所: 韓国 釜山 Westin Chosun Hotel

新規掲載コラム

研究員らがコラムを執筆しています。今夏以降の掲載は以下のとおりです。

  • 「グリーンイノベーション」ほか:中西準子
  • 「あらまほしき研究者」:松永猛裕
  • 「リスクに加えて、ベネフィットもコミュニケートしよう」ほか:岸本充生
  • 「ADMER-PRO」:東野晴行

受賞等の報告

  • 高エネルギー物質研究グループが東ソー・ファインケム株式会社様より
    感謝状をいただきました。
  • 岸本充生が環境科学会より環境科学会奨励賞をいただきました。

編集担当

システム情報

  • メールアドレスの変更・退会手続

本メールマガジンからの退会を希望される場合はお手数ではございますが、こちらより手続をお願いいたします。アドレスの変更を希望される場合は、一度退会後、新しいアドレスをご登録下さい。

  • バックナンバー
  • その他お問い合わせ

こちらに掲載されている電話、メール、メールフォームによってお問い合わせ下さい。