ホーム > メールマガジン > AIST-RISSメールマガジン第5号

AIST-RISSメールマガジン第5号

産業技術総合研究所安全科学研究部門よりメールマガジン第4号を配信いたします。このメールマガジンは転送を歓迎しています。

目次

  • 研究成果のご案内
  • 新規掲載コラムのご案内
  • イベントのご案内
  • 受賞等のご報告
  • 退会・メールアドレス変更手続き

研究成果

  • AIST-SHANEL Ver.2 を公開いたしました。
    産総研-水系暴露解析モデル(Standardized Hydrology-based Assessment tool for chemical Exposure Load : 通称 AIST-SHANEL)は、産総研が開発した、日本における河川流域の化学物質の暴露評価と対策評価のためのモデルです。以下の機能を備えています。
  • 河川流量の推定
  • 化学物質の排出量推計
  • 化学物質の河川水中濃度の推定
    /projects/AIST-SHANEL/#g

新規掲載コラム

研究員らがコラムを執筆しています。11月の掲載は以下のとおりです。
★「あらまほしき研究者」:松永猛裕
★「文化功労者顕彰を受けて」「羽田空港」:中西準子
★「不確実性を減らすということ」:東野晴行
/main/modules/column/

イベントのご案内

★ 中西準子退任記念講演会のお知らせ
中西準子は2011年3月末をもって安全科学研究部門長を退任いたします。
つきましては、下記のとおり、退任記念講演会を開催いたします。
日時: 2011年2月25日(金)15:00~17:00 (懇親会:17:30~)
場所: 東京都北区王子 北とぴあ つつじホール
演題: リスク評価なくしてイノベーションなし-産総研の10年と今後
講演会終了後に、懇親会(会費制)を予定しております。
部門ホームページから参加申し込みのページにアクセスできます。

★ LCAの成果と反省、今後の展開 (日本LCA学会主催講演会案内)
主催:日本LCA学会
日時: 2010年12月15日(水) 14:00 ~ 17:00
場所: 全日通霞ヶ関ビル 8階大会議室C
参加費:無料(要事前登録)
http://ilcaj.sntt.or.jp/lcahp/enterprise.htm
内容:カーボンフットプリント等の形で、LCAは社会の中に浸透しつつあります。
しかし、その浸透は十分とは言えません。そこで、なぜLCAが十分に普及できていないのかについてLCA研究の果たしてきた成果と反省、真に持続可能な社会を実現するために必要な今後のLCAのあり方についての講演会を開催いたします。

★部門ホームページ(https://www.aist-riss.jp)のイベント案内の欄に
部門研究員が発表する学会等の掲載をしております。

受賞等の報告

★ 玄地 裕、田原 聖隆、本下 晶晴が、産総研オープンラボ2010において
「優秀ポスター発表賞」を受賞いたしました。
★ 工藤祐揮らが EcoBalance2010 において BRONZE POSTER AWARD を
受賞いたしました。
/main/modules/research/award.html

編集担当

システム情報

  • メールアドレスの変更・退会手続

本メールマガジンからの退会を希望される場合はお手数ではございますが、こちらより手続をお願いいたします。アドレスの変更を希望される場合は、一度退会後、新しいアドレスをご登録下さい。

  • バックナンバー
  • その他お問い合わせ

こちらに掲載されている電話、メール、メールフォームによってお問い合わせ下さい。