ホーム > メールマガジン > AIST-RISSメールマガジン第7号

AIST-RISSメールマガジン第7号

H23年3月11日に発生した東日本大震災により被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
産業技術総合研究所安全科学研究部門よりメールマガジン第7号を配信いたします。このメールマガジンは転送を歓迎しています。

目次

★ 理事長からの緊急メッセージ
★ 研究系職員公募のご案内
★ 研究成果のご案内
★ 受賞報告
★ 新規掲載コラムのご案内
★ イベント終了のご報告
★ 退会・メールアドレス変更手続き

理事長からの緊急メッセージ

未曾有の震災で被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
平成23年3月11日(金)に発生した東日本巨大地震において、幸いにも産総研では人的被害がありませんでしたが、建物や実験機器等に大きな被害を受けております。
当所が受けた被害によって、周辺地域には影響を及ぼすことはありません。また、地震発生とともに研究業務を停止しており、3月14日(月)より順次復旧活動を開始いたしました。詳しい被害については調査中です。
現在、つくば地域における放射線量の測定を開始し茨城県やつくば市に情報を提供するとともにホームページで公開*することにより、可能な限り今回の災害への所外対応を進めております。
所内ではメールやウェブサイトの運用が再開しましたが、データベースなど多くののサービスは停止中で、これらは順次再開していく予定です。しかし、ご存じのように、地震の影響で東日本における電力需給が極めて逼迫した状況であるため、当所においても厳しい電力使用制限を行いつつ進めてまいります。
これまでに確認されている範囲でも、研究基盤の復旧の作業は長期間にわたることが予想されております。何卒皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

産業技術総合研究所 理事長 野間口 有

* つくばセンター放射線測定結果:
http://www.aist.go.jp/taisaku/ja/measurement/index.html

職員公募のご案内

★ 2012年4月採用の研究系職員を公募しております。募集締め切りを3月31日まで延長しました。また、当所人事室へ応募書類を持ち込んでの提出につきましては、3月28日(月)より再開します。但し、受付時間は9:30~16:30までといたしますので、予めご了承くださるようお願いいたします。募者の皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。
/main/modules/news/index.php?page=article&storyid=40

研究成果

★ 化学物質の環境中濃度やリスクを評価するツールのパンフレット刊行
「化学物質の最適管理をめざすリスクトレードオフ解析手法の開発」のパンフレットはNEDOのホームページにあります。このパンフレットは以下を紹介しています。
リスク評価用次世代大気モデル(ADMER-PRO)、
全国の河川水中濃度推定モデル(AIST-SHANEL)、
有害化学物質生物蓄積モデル(AIST-CBAM)、
室内暴露評価ツール(iAIR)
http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/pamphlets/08_5kankyo/index.html

受賞報告

★ 工藤祐揮が「電気自動車、ガソリン自動車など各種の自動車のLCAに関する一連の研究」に関して日本LCA学会奨励賞を受賞しました。

新規掲載コラム

研究員らがコラムを執筆しています。2月分および3月28日現在までの掲載は
以下のとおりです。
★「あらまほしき研究者~第9話 / 第10話」:松永猛裕
★「リスク評価はそもそも不確実な状態を評価する科学である」:岸本充生
/main/modules/column/

イベント終了のご報告

★ 2月25日に行われた中西準子退任記念講演会は無事終了いたしました。
多くの方にご参集いただきありがとうございました。講演は来月中に部門のホームページで公開する予定です。

編集担当

システム情報

  • メールアドレスの変更・退会手続

本メールマガジンからの退会を希望される場合はお手数ではございますが、こちらより手続をお願いいたします。アドレスの変更を希望される場合は、一度退会後、新しいアドレスをご登録下さい。

  • バックナンバー
  • その他お問い合わせ

こちらに掲載されている電話、メール、メールフォームによってお問い合わせ下さい。