松木 亮 Akira Matsugi

自己紹介

燃焼の化学反応に関わる研究を行っています。博士過程では、すすや芳香族化合物などの燃焼排出物の生成過程について、反応素過程レベルでの実験と、理論化学による解析を行っていました。平成24年4月に産総研に入所し、可燃性ガスの燃焼・爆発現象に関する研究に取り組んでいます。燃焼の化学反応は未だに解明されていない点が多く、シミュレーションによる予測が困難な領域です。また、エネルギー源や産業プロセスの多様化によって、様々な新規ガスへの対応も求められています。燃焼・爆発現象を、化学反応素過程の観点から解析することによって適用範囲の広いモデルを構築し、フィジカルリスク評価に役立てたいと考えています。可燃性ガスの安全な利用の促進に貢献できる研究を目指します。よろしくお願いいたします。

部門別戦略課題

発表資料

年報