岸本 充生 Atsuo Kishimoto

自己紹介

東日本大震災は、「安全」とは何かもう一度深くそして広い視点から考えさせるきっかけとなりました。安全とは「受け入れられないリスクがないこと」と解釈します。つまり2つの要素からなります。1つはリスクの大きさを推計すること、もう1つはどのレベルを「受け入れられない」とするか決めること、です。後者には社会の合意が不可欠です。そういう意味で、何をもって安全とみなすは、自然科学だけで決めることができません。私は、社会や個人が、安全や健康に関するリスクを合理的に減らすために役に立つ評価手法、管理手法、社会の仕組みについて、専門分野だとかはほとんど気にせず、必要に応じて何でも取り込みつつ、嗅覚を頼りに研究をしてきました。振り返ってみると、修士論文では 、交通事故とがん検診とアスベスト対策で「1人救うためにかけられた費用(CPLS)」を比較。博士論文では、環境健康安全(EHS)リスクに関して、米国の省庁が規制策定に費用便益分析を活用しているかどうか調査したり、自動車交通に起因する排気による健康影響が事故による被害よりも大きいことを定量的に示したり、公害裁判の判例文を費用便益分析の枠組みで再解釈する試みを示したり。その後の仕事は、化学物質のリスク評価の仕事、統計的生命価値(VSL)の推計、規制影響評価(RIA)の制度化、工業ナノ材料のリスク評価、新規技術のリスクガバナンスの研究。現在関わっている仕事は、ナノ材料の安全性を確認する手続きを産業技術にすること、新規技術のイノベーションの中に安全性評価を組み込むこと、化学物質か ら自然災害まで、多様な分野を共通のリスク評価手法で横串に刺すこと。最近気になることは、火山の破局噴火、新たなパンデミック、小惑星衝突。東日本大震災による津波被害は私たちが歴史の中を生きているんだという当たり前の事実を思い起こさせました。そういう広い視点を持っておきたいと強く思います。

研究概要

  1. 生命リスク削減対策の費用効果分析や費用便益分析
  2. 化学物質曝露によるヒト健康リスクの定量的評価手法の開発
  3. ナノマテリアルのリスク評価とガバナンスに関する研究

兼務

  • 岸本充生(2011)「安全とは社会的合意にもとづく約束事である」學燈 108(2):22-25.
  • 岸本充生(2010)「安全・安心の追求とリスク評価の役割」計測と制御、49(10):655-670.
  • 岸本充生(2009)「化学物質領域でのリスク管理の考え方と問題-リスク概念に基づくアプローチを阻害するのは誰か-」日本リスク研究学会誌 19(1): 29-36.
  • 岸本充生(2008)「ヒト健康影響の理論と指標」日本LCA学会誌 4(4): 401-407.
  • 岸本充生(2007)「確率的生命価値(VSL)とは何か-その考え方と公的利用」日本リスク研究学会誌 17(2): 29-38.

部門別戦略課題

外部予算

発表資料

受賞

イベント

コラム

年報