堀口 文男 Fumio Horiguchi

自己紹介

工業技術院公害資源研究所に入所以来三十年以上にわたり、沿岸海洋(特に、閉鎖性内湾)の水質汚濁防止に関わる研究に従事してきました。これまでに、沿岸における観測機器の開発、観測手法の開発、海域での物質動態解明の研究を行ってきました。 さらに、3次元流動モデルや沿岸生態系モデル等の数値モデルの開発を行ってきました。
2001年から、工業技術院から(独)産業技術総合研究所に改編され、化学物質リスク管理研究センターに配属となりました。これまでの海洋のモデリング技術を活かし、海洋における化学物質のリスク評価研究を新たに始めました。
化学物質リスク管理研究センターの7年間の研究業務が終了し、2008年4月1日より、安全科学研究分門に配属となりました。センターでは『詳細リスク評価書シリーズ 8 トリブチルスズ』、『詳細リスク評価書シリーズ10 銅ピリチオン』を発刊しました。また、パソコンで簡単に運用できる沿岸生態リスク評価モデルプログラムを開発し、現在無償頒布を行っています。研究結果の一部をhttp://staff.aist.go.jp/crm-horiguchi/にてアニメーションにしてご紹介しています。
今後も沿岸海洋の環境保全・保護に関わる研究を進めて行きたいと考えております。 また、これらの研究が沿岸の自然破壊防止や環境行政等に役立てば幸いと存じます。

研究概要

  1. 沿岸域の流動モデル解析
  2. 沿岸域の水質モデル解析
  3. 沿岸域の生態系モデル解析
  4. オイルスピルの運命予測モデル解析
  5. 海域における有害化学物質運命予測モデル解析

研究業績

個人ウェブサイトを御参照ください。

その他

海洋理工学会
日本海洋開発産業協会環境技術委員
NEDO海域環境に係わるピアレビューアー

部門別戦略課題

発表資料

受賞