眞野 浩行 Hiroyuki Mano

自己紹介

現在、化学物質の生態毒性は、化学物質を生物に曝露して行動や繁殖等の生物応答を調査する室内試験を行い、試験結果から得られた曝露濃度と生物応答の関係に基づいて評価されています。試験生物種を用いた生態毒性試験の結果は、化審法における化学物質の生態リスク評価や公共用水域における水生生物保全に係る水質環境基準値の設定等に利用されています。このように実施されている生態毒性試験ですが、化学物質の生態毒性を評価する上で、いくつかの課題があります。

既存の生態毒性試験は特定の室内環境条件下で実施し、生物個体への個別の化学物質の生態毒性を評価しています。生態リスク評価では、生物個体群や生物群集・生態系に対する化学物質の生態毒性評価が求められており、室内試験を活用して、これらに対する生態影響を評価する方法を開発する必要があります。

室内試験を活用して実環境での化学物質の生態毒性を評価するためには、実環境の環境条件に即して化学物質の生態毒性を評価することが求められます。実際の環境では、地域によって環境条件が異なります。例えば、水環境中に存在する金属は、硬度や有機炭素濃度などの水質条件によって生物に対する毒性が変化するため、水質を考慮して生態毒性を評価することが必要です。また、実環境では、複数の化学物質が同時に存在することがあるため、化学物質の複合影響を評価することが必要となります。

また、化学物質の生態毒性試験は、OECDテストガイドライン等の試験方法に準拠して実施されます。これらの試験方法は、水に溶けやすい化学物質を対象にしています。新たに開発された材料の中には、水に溶けにくい等の理由から、生態影響評価を実施する際に、既存の生態毒性試験の手法を適用できないものが存在しています。そのため、このような材料の生態毒性を評価するために適用可能な試験方法を開発することが求められています。

上記の課題について研究を行い、化学物質の生態毒性評価手法を開発していきたいと考えています。

研究概要

  • 集団・群集への化学物質の影響評価手法の開発
  • 室内試験を活用した実環境での化学物質の生態影響評価手法の開発
  • 水質を考慮した金属の生態影響評価
  • 化学物質の複合影響評価
  • セルロースナノファイバーの生態影響評価

受賞

イベント

年報