竹下 潤一 Junichi Takeshita

自己紹介

私のバックグランドは数理科学です。大学院の時には、偏微分方程式論やゲーム理論などを研究していました。なぜ私がここに?と思われるかもしれませんが、私は大学院で研究をしていたとき、数理科学分野のいろいろな成果を実社会に応用することなどによって、社会の役に立つことはできないか?と考えて来ました。いま、このことを実践すべく、ここでの研究に携わっています。

現在の私の研究の軸は、化学物質などのリスク評価・管理手法における数理的高度化です。世の中で使われている化学物質は数万種類あり、すべての物質について、実験をしてリスク評価をすることは、期間・コストなどの観点から現実的ではありません。そのため、実験をするとしても、どの物質について、どういう順番で行えば良いかを考え、戦略的に実施することが重要となってきます。そこで、私は限定的な既存情報からリスク評価に必要な有害性情報を推論する手法の開発をし、データがないときのリスク評価手法について研究しています。この他にも、リスク評価・管理研究において、数理的問題は山ほどあります。その中でひとつでも多くの問題の解決に寄与し、数理的側面の底上げに貢献できればと思っております。

外部予算

受賞

イベント

年報