若林 邦彦 Kunihiko Wakabayashi

自己紹介

一貫して衝撃超高圧に関わる研究を行っています。学生の頃は、衝撃銃と呼ばれる大きな鉄砲のような装置や慣性核融合研究用の巨大レーザー装置などを用いて一千万気圧以上の極限環境下における状態方程式や相転移現象等に関する研究を行ってきました。産総研入所後は火薬類の爆発によって発生する爆風や飛散物などの安全性評価に関する研究にも携わるようになり、100 kg以上の爆薬を使用した野外爆発実験も経験してきました。 爆薬等の火薬類は土木工事における発破などの産業用爆薬やロケット燃料などとして広く利用されていますが、「なぜ衝撃のみによって爆薬が起爆するのか?」といった基本的な問題が未だ明らかとなっていないことを御存知でしょうか?爆薬の安全な取扱いや起爆感度を制御する手法の開発を目指して、数年前から爆薬の衝撃起爆機構を分子論的な立場から明らかにする研究を行っています。非常にチャレンジングな研究ではありますが、爆薬の衝撃起爆機構を明らかにすることによって起爆感度を制御することが可能となれば学術的な意義が高いばかりでなく、火薬類の特長を利用した新規材料合成や成形加工、有害物質の無害化処理などへの応用が広がり、大きな経済的インパクトと安全・安心な社会の構築に大きく貢献できるものと期待しています。

部門別戦略課題

外部予算

受賞

イベント

年報