小野 恭子 Kyoko Ono

自己紹介

リスク評価と管理に関する研究を幅広く行っています.スコープを化学物質のリスクトレードオフ評価から災害や事故のリスク評価まで広げつつ,異種のリスクを比較する手法についても研究開発しています.現在の主なトピック:
1)金属のリスク評価(カドミウム,鉛,六価クロム等)
金属の価数や化学形態を考慮した発生源からの排出把握や環境中動態予測の研究を行っています.
2)水素ステーションのリスク評価
事故や急性影響のリスクを定量的に推定し,評価書として公表します.このプロジェクトの中で,水素ステーションの社会受容性調査を行っており,リスク評価手法開発からリスク認知特性把握まで,一気通貫して実施していることが特徴です.

リスク評価という「評価研究」を世に出すためには幅広い分野の知識が必要です.学生の時の専門分野は土木環境システムでしたが,加えて生物学,毒性学,統計学,分析化学,信頼性工学などの知見を拝借し,それらを論理的に駆使して,評価のストーリーをまとめあげるのは大変やりがいのある仕事です.事業者等が利用できるリスク評価ツールの普及や,リスクベースの意思決定プロセスの社会実装が,今後の目標です.

研究概要

  • カドミウムの詳細リスク評価
  • p-ジクロロベンゼンの詳細リスク評価
  • クロムの詳細リスク評価
  • 室内における化学物質暴露評価ツールの構築

研究業績

  • Michio Murakami, Masaharu Tsubokura, Kyoko Ono, Shuhei Nomura, Tomoyoshi Oikawa (2017). Additional risk of diabetes exceeds the increased risk of cancer caused by radiation exposure after the Fukushima disaster, PLoS One,0185259-,pp.1-14.
  • 木原 武弘,牧野 良次,小野 恭子,佐分利 禎,久保田 士郎,恒見 清孝,和田 有司 (2017). 有機ハイドライド型水素ステーションの漏洩頻度のベイズ推定,安全工学,56-4,pp.245-254.

  • Michio Murakami, Masaharu Tsubokura, Kyoko Ono, Masaharu Maeda (2017). New “loss of happy life expectancy” indicator and its use in risk comparison after Fukushima disaster, SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT,615,pp.1527-1534.
  • Shuhei Nomura, Masaharu Tsubokura, Michio Murakami, Kyoko Ono, Yoshitaka Nishikawa, Tomoyoshi Oikawa (2017). Towards a Long-Term Strategy for Voluntary-Based Internal Radiation Contamination Monitoring: Representativeness of the Monitoring Results in Fukushima, Japan, International Journal of Environmental Research and Public Health,14-6,E656.
  • Kyoko Ono, Kiyotaka Tsunemi (2017). Identification of public acceptance factors with risk perception scales on hydrogen fueling stations in Japan, INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY, 42, pp.10697-10707.
  • Kyoko Ono, Jun Kohzaki, Jun Nakamura (2016). Quantitative survey of the amount of moth repellent used in Japanese households to estimate indoor exposure levels,Indoor Environment(室内環境), 19-1, pp.11-22.
  • 小野 恭子 (2015). リスク評価研究はリスクガバナンスにどのように活かされるか?-中国における鉛のリスク評価を事例として-,アジア研究,60-3,pp.88-99.
  • Michio Murakami, Kyoko Ono, Masaharu Tsubokura, Shuhei Nomura, Tomoyoshi Oikawa, Toshihiro Oka, Masahiro Kami, Taikan Oki (2015). Was the risk from nursing-home evacuation after the Fukushima accident higher than the radiation risk?, PLOS ONE,10-9,pp.e0137906.
  • Kyoko Ono (2013). Past and future cadmium emissions from municipal solid-waste incinerators in Japan for the assessment of cadmium control policy,JOURNAL OF HAZARDOUS MATERIALS,262,pp.741-747.

部門別戦略課題

受賞

イベント

コラム

年報