本下 晶晴 Masaharu Motoshita

自己紹介

2003年に入所して以来、ライフサイクルアセスメント(LCA)の手法開発とその適用研究として技術・製品・組織・国レベルでの持続可能性評価を中心としてこれまで研究を行っています。特に資源消費に伴う環境影響評価のモデル開発に取り組んでおり、最近はプラネタリー・バウンダリ概念をはじめとする環境容量の定量化に関する研究を進めています。また、ウォーターフットプリントなど、製品・組織や国レベルでのサプライチェーン全体を通じた環境影響(環境フットプリント)の定量化に向けて、世界のサプライチェーンをカバーする環境負荷データベースの開発にも取り組んでいます。
学術研究としての手法開発だけでなく、持続可能な社会の実現に向けて実社会における活動の変化を支援すべく、企業における環境マネジメントへの活用支援などのサポート・技術コンサルティングを行っています。特に、ESG投資ニーズへの対応に向けて、サプライチェーンにおける水利用リスクの可視化や温室効果ガス排出削減貢献量の評価など、組織レベルでの積極的な環境リスクマネジメントによる企業価値の向上を目指す活動のサポートを行っています。

研究概要

主要な研究トピック

  • ライフサイクルアセスメント(LCA)
  • プラネタリー・バウンダリなどの環境容量評価指標の開発
  • サプライチェーンリスクマネジメント
  • 組織のLCA
  • ウォーターフットプリント
  • マテリアルフットプリント
  • 温室効果ガス排出削減貢献量評価

研究業績

外部予算

発表資料

受賞

イベント

コラム

年報