山崎 雅人 Masato Yamazaki

  • 元・PD

自己紹介

私の研究テーマは、経済モデルによる政策シミュレーション分析です。特に応用一般均衡モデル(CGEモデル)と呼ばれる経済シミュレーションモデルで、環境政策の経済への影響を分析しています。応用一般均衡モデルとは、合理的に行動する経済主体(企業や家計等)の市場を通した相互依存関係を、現実の統計データも利用しながら数学的にモデル化したものです。経済主体間の複雑な相互依存関係を考慮した上で、政策の波及効果を分析できるとして、近年、貿易政策や環境政策の分野で世界的に用いられています。例えば、CO2排出に税金を課した場合、消費者や企業がより高価となった高炭素商品を買い控え、低炭素商品を買うようになるという行動まで考慮して、各産業と経済全体への課税の影響を シミュレーションすることができます。まだ、このシミュレーションの方法に課題が残されていることも事実ですが、経済シミュレーションモデルの中では、最もしっかりした理論的基礎を持ち、かつ今後の発展の余地を十分に残しているのも事実です。私の具体的な分析対象は、金属スクラップ等の循環資源に対する貿易政策や排出量取引・環境税等の地球温暖化政策です。「この様な政策を実施したらこの様な影響が出る」という事前の政策評価を行い、その情報が政策の利害関係者による議論の一助となれば幸いです。

イベント