村松 良二 Ryoji Muramatsu

自己紹介

社会とLCA研究グループのテクニカルスタッフとして、環境に与える影響の大きさを定量的に評価するライフサイクルアセスメント(LCA)のインベントリ分析をサポートするインベントリデータベースの開発業務をしております。具体的には主に化学工業製品、石油製品等の原材料採取から最終処分まで一生涯を通じて(ライフサイクル)使用される物質やエネルギーを調査し、インベントリデータを作成しています。また、燃料電池自動車、発電等のエネルギーとして期待されている水素について、前期のインベントリデータベースを利用して、そのサプライチェーン全体でのCO2排出量の評価も行っております。時には職場のゴルフコンペに参加し、芝生の上でリフレッシュしております。 (2018年6月記)

年報