松永 猛裕 Takehiro Matsunaga


  • 上級主任研究員

自己紹介

なぜ、私が爆発を研究するようになったか?本当ならば、大気汚染-光化学スモッグの研究者になっていたはずなのです。

私が育った静岡県浜松市は自然豊かなところでした。そこで、私は小さい頃から山菜狩り、栗拾い、山芋掘り、魚釣り、潮干狩り・・と狩猟民族のような暮らしをしていました。私が中学生の頃、東京に行く機会があり、東京タワーの展望台に上りました。当時は光化学スモッグが社会的な問題となっており、東京の空はとても汚れていました。そこで、子供心に「この空をきれいにしてみせる!」と思い込みました。

その後、順調に東京の大学に進み、希望の研究室に配属になり、望み通りの研究ができるはずだったのです。しかし、大気汚染のテーマ枠は1人、これに対して複数人の希望者がいました。そこで、私はジャンケンの戦いに負けました!痛恨のチョキ!

人生は努力していても思い通りにはならないものです。卒論は量子科学計算で高反応性物質の物性を予測する研究を行いました。大学院に進んでからは、実験も行うようになりました。化学物質の爆発危険性が専門分野になりました。幸いにも同じ研究テーマでここまでやれています。チョキがもたらした運命ですが、今では天命かなと思っています。なにより、私のような自然と平和を愛する人間が、爆発を研究しているというのが良い。

爆発でお困りのことがあれば、お気軽にご相談下さい。

私のコラムはこちらから。

研究概要

専門領域: 安全工学、 火薬学、 計算機科学の爆発現象への適用

略歴

静岡県浜松市出身  1960年生まれ  B型
趣味: テニス、クラシックギター、魚釣り

学歴

1972年 浜松市立富塚小学校 卒業
1978年 浜松市立北部中学校 卒業
1981年 私立静岡学園高校 卒業
1984年 東京大学工学部反応化学科卒業
1988年 東京大学大学院工学系研究科反応化学専攻 修了
工学博士

職歴

1988年4月 通商産業省工業技術院 化学技術研究所 入所
2001年4月 独立行政法人産業技術総合研究所に改組

現在に至る

研究業績

論文

  • “Effects of various vessel materials on exothermic decomposition energy measurements” , M. Akiyoshi, T.Matsunaga, et al., THERMOCHIMICA ACTA,515(1),pp.6-12、2011/03
  • “Crystal structure of anhydrous 5-aminotetrazole and its high-pressure behavior”,Y. Fujihisa, T.Matsunaga, et al., CRYSTENGCOMM,13(1),pp.99-102、2011/01
  • “Thermal Hazard Evaluation on Self-polymerization of MDI”, Y. Sato, T. Matsunaga, et al., International Journal of Safety,9(1),pp.6-11、2010/09
  • “The thermal stability of tertiary pyridine resin for the application to multi-functional reprocessing process ? Adv. ?orient cycle development ?“, Y. Sato, T. Matsunaga, et al., International Conference GLOBAL2009,pp.962-969、2009/09
  • “Explosion hazard of ion exchange resin mixed with perchloric acid”, K. Okada, T.Matsunaga, et al., J. Thermal Analysis & Calorimetry,97(2),pp.769-774、2009/08

解説・総説

  • 「爆発災害を防止するための安全研究」、化学装置,51-6,pp.8-11、2009
  • 「安全で高性能な花火の探求」、Electronics Communications、25、pp.13-18、2009
  • 「?-10章 安全」、化学便覧応用化学編第6版(分筆)、2003
  • 「中国遺棄化学兵器処理」、松永 猛裕、安全工学,40(6)、pp.401-405、2001

招待・依頼講演

  • 「爆発災害を防止するための安全研究」、つくば市,2011/02/21
  • “Introduction of Safety Research Institutes in Japan and Development of the International Cooperation System”, ICAP2010, 2010, Korea
  • 「火薬類の危険性と取扱上の注意~渋谷区内の爆発火災事故を踏まえて」、演出効果用煙火の取扱に係る保安講習会,東京都、2009/05/22
  • 「爆発災害を防止するための分析・評価技術」、東京コンファレンス2003,2003/09/12

広報活動

  • 「花火の科学」、サイエンス・カフェ、JSTニュース、SSH等、2010年~
  • 「渋谷の火薬爆発事故について」、朝日テレビ、フジテレビ、テレビ東京等、2008年11月
  • 「硝酸アンモニウムの爆発性について」、NHK、TBS、日本テレビ等 2004年4月
  • 「世界最小 直径1cmの打上花火」、NHK、日本経済新聞、FLASH等

部門別戦略課題

イベント

コラム

年報