松村 知治 Tomoharu Matsumura

自己紹介

次のような研究・業務を担当しています。

  1. 我が国の現行基準に当てはまらない火薬庫の安全性評価
  2. 核燃料再処理工程に用いる化学物質の爆発安全性評価
  3. 火薬類取締法の改訂、技術基準の作成に資する評価データ取得
  4. 請負研究発注元との各種連絡・調整
  5. 産総研が実施する野外爆発実験での点火係

ここで、1)について、もう少し具体的に書いてみます。

目標

隣接して設置された複数の火薬庫のうちの1棟が万が一爆発した場合に、
隣りの火薬庫が爆発(殉爆)しない条件(隣棟間隔または隔離距離)
を求めます。

評価手法

a)板状に成型した岩石やモルタル(ギャップ材と呼びます)を介して2箇所
に設置した爆薬の1方を爆発させた時に、他方が殉爆するか否か
を確認する実験を行います(画像参照)。
b)ある薬量において、ギャップ材の厚さ(長さ)を変えて実験を行い、
殉爆しない最小厚さ(限界ギャップ長)を求めます。
c)同様の実験を室内実験(薬量数10g~1kg程度)から室外実験
(薬量数十kg程度)まで幾つかの薬量水準で実施し、実規模
(薬量数十トン程度)での結果を外挿推定する精度を高めていきます。
d)数値解析によっても実験の再現が可能となるように、数値解析手法の
検討・開発も併せて行います。
最後に、自分の信条等について・・・
・「安全なくして・・・」安全は何をおいても最優先だと考えます。
・最近、気になるキーワード:筆記体の書けない人急増

部門別戦略課題

外部予算

受賞

イベント

年報