定道 有頂 Yucho Sadamichi

  • 元・PD

自己紹介

大学時代は工業製品のLCA(インベントリ分析・影響評価)を行っていました。その後のタイの大学に勤務していた頃に、熱帯・亜熱帯地域での植物の成長の速さやその活用技術の単純さにショックを受け、多少の不便を我慢すれば本当に「持続可能」な生活ができるのではないか、と考えるようになりました。タイでの作物栽培によるバイオ燃料生産のLC-GHG評価や、土地利用の変化・肥料の利用に伴う新たな環境問題や農地の入手可能性を考慮しながらその可能性を検討してきました。 現在は環境面だけでなく、経済(現実的なコストどうか)や社会面(社会的に何の役にたつのか)を含め、一体バイオマスをどのように利活用すれば、本当に持続可能になるのか、持続可能性をどのように評価したらよいの か、といったことを考えています。

外部予算

発表資料

イベント