緒方 雄二 Yuji Ogata

自己紹介

私の専門は資源工学ですが、資源工学と言っても範囲が広く、その中で岩盤力学が専攻でした。しかし、産総研の前身である公資研に入所したころは、研究所では石炭鉱山保安が重要なテーマでした。このため、炭鉱用火薬類の安全性評価(メタンガスと炭じん)に関する研究が主な仕事でした。かれこれと、研究所に入って25年が経過しました。また、入所した年には、つくばでは、科学万博が開催されていました。
既に、日本では主な炭鉱は閉山し、現在鉱山保安の研究をほとんどやっていません。では、現在は何をやっているかと言うと、火薬類および可燃性ガスの安全性およびその利用技術の関する研究です。火薬類の研究では、発破技術と火薬庫の安全性に関する研究です。発破については、都市発破(ビル解体)の実用化を目指していますが、皆様が想像されるビル全体を解体する発破ではなく、小規模爆破による解体です。いわゆる、数g程度の爆薬を利用するミニブラスティングとかマイクロブラスティングです。近い将来には、皆様の近所で使用されるかもしれません。可燃性ガスの研究では、水素、メタン、DME等の安全性に関する研究、あるいは可燃性ガスが爆発した場合の構造物への影響評価とかです。
火薬類と可燃性ガスとあまり関係がない様ですが、両者ともある一定の条件では爆発します。火薬類は、主に固体で、可燃性ガスは主に気体?物理的にはかなり違いますが・・・また、産業用火薬類は特殊なもので一般には馴染みが薄いですが、可燃性ガスは都市ガスまたはプロパンガスとして広く利用されています。今後は水素の利用も拡大することが予想されています。少し研究内容が発散しすぎている感もありますが、安全・安心な社会には重要な課題と思って研究を行っています。

部門別戦略課題

外部予算

受賞

イベント

年報