ホーム > ニュースレター

ニュースレター

  • ニュースレター第35号(2019年8月発行)

    巻頭言

    温暖化問題に関して安全科学研究部門への期待
    キャノングローバル戦略研究所 研究主幹
    杉山 大志

    CONTENTS

    シリーズ部門内科研費
    特集:太陽光発電導入の課題
    研究グループ紹介
    新研究員紹介
    新刊紹介
    学会参加報告

  • ニュースレター第34号(2019年3月発行)

    巻頭言

    パリ協定とSDGs推進における産総研安全科学研究部門への期待
    持続性推進機構 IPSuS 理事長
    安井 至

    CONTENTS

    特集:SDGs
    研究グループ紹介
    平成30年度安全科学研究部門講演会開催報告
    安全科学研究部門講演会パネルディスカッション「社会ニーズに応える安全科学研究」報告
    国際会議参加報告
    新刊紹介
    受賞報告

  • ニュースレター第33号(2018年12月発行)

    巻頭言

    産総研の爆発安全研究への期待
    日本火薬工業会 会長
    中野 伸寿

    CONTENTS

    特集:火薬類取締法の性能規定化・標準化
    講演会開催報告
    国際会議参加報告
    受賞報告

  • ニュースレター第32号(2018年9月発行)

    巻頭言

    省エネルギー一層の普及へ、公的研究機関の役割
    福島県ハイテクプラザ 所長
    大和田野芳郎

    CONTENTS

    特集:エネルギー評価、省エネルギー対策導入評価手法の開発
    新研究員紹介
    国際会議参加報告
    受賞報告

  • ニュースレター第31号(安全科学研究部門設立10周年記念特集号、2018年3月発行)

    巻頭言

    大技術革新時代に望む
    安全科学研究部門 初代研究部門長
    中西 準子

    CONTENTS

    安全科学研究部門10年の軌跡とこれから

    • 化学物質リスク評価研究の歩みと今後
    • LCA研究センターから安全科学研究部門でのLCA研究とこれから
    • 安全科学研究部門における産業保安研究

    安全科学研究部門を巣立った方からのメッセージ

    部門講演会報告

     

  • ニュースレター第30号(2017年11月発行)

    巻頭言

    セルロースナノファイバー安全性評価に対する期待
    京都大学生存圏研究所 教授
    矢野浩之

    CONTENTS

    特集:セルロースナノファイバー(CNF)の安全性評価手法の開発

    • 概要
    • CNFの検出・定量手法の開発
    • CNFの気管内投与手法の開発
    • CNFの皮膚透過性試験手法の開発
    • 排出CNFの計測手法の確立及び排出・暴露評価事例の集積
    • CNF応用製品に対する暴露シナリオによるケーススタディ

    ニトロセルロースナノファイバー(NCNF)の合成と評価
    IDEAラボ設立記念講演会開催報告

  • ニュースレター第29号(2017年8月発行)

    巻頭言

    安全科学研究部門の目指す社会
    安全科学研究部門長
    緒方雄二

    CONTENTS

    特集1:緒方研究部門長に聞く
    特集2:IDEAラボが目指すもの
    シリーズ:部門内科研費

    • 共創的電力システムのためのインセンティブ研究

    研究グループ紹介

    • 爆発安全研究グループ
  • ニュースレター第28号(2017年3月発行)

    巻頭言

    化学物質および産業事故のデータベース
    公益財団法人総合安全工学研究所 事業部長
    中村 順

    CONTENTS

    特集:火薬類に関する研究動向

    • 火薬類規制の国際化対応
    • 実包火薬庫の野外実験と火薬類取締法令の改正
    • 野外実験の近況報告(片側垂直土提に関する実験)
    • 数値解析による爆発影響の詳細評価に向けて
  • ニュースレター第27号(2016年11月発行)

    巻頭言

    化学物質の環境暴露評価ソフトウェアへの期待
    花王株式会社 安全性科学研究所 所長
    蓮見基充

    CONTENTS

    特集:環境暴露評価ソフトウェア

    • 化学物質からの暴露とリスクを評価するためのソフトウェアの開発
    • 大気モデル ADMER/ADMER-PRO
    • 室内製品暴露評価ツール ICET
    • 河川モデル AIST-SHANEL Ver.3.0
    • 有害化学物質生物蓄積モデル CBAM Windows版 Ver.4.0
  • ニュースレター第26号(2016年8月発行)

    巻頭言

    水俣条約と我が国の大気汚染防止法による水銀排出抑制
    環境省中央環境審議会会長代理
    (一財)日本環境衛生センターアジア大気汚染研究センター 所長 
    坂本和彦

    CONTENTS

    特集:潜在的リスクへの安全性研究

    • 水資源危機は身近にあるリスクなのか?
    • 私たちの身の回りに存在する化学物質 ~東京湾流域を対象とした網羅的分析の実施事例~
    • 化学物質の複合影響の話
    • 2次生成物質を考慮した化学物質リスク管理へ向けて

    環境影響を計るインベントリデータベース(IDEAv2)の開発