ナビゲーション部分スキップ独立行政法人 産業技術総合研究所
 サイトマップ

 ENGLISH


産総研ホーム

ニュース

研究紹介・成果

相談・手続き・問合せ


現在位置> 組織 > 研究センター > ライフサイクルアセスメント研究センター > 研究紹介・成果 > テーマ別研究:LIME2 メニュースキップ
| アクセス | リンク | サイトマップ |

テーマ別研究



LIME2


 ライフサイクルアセスメント研究センターでは、第2期LCA国家プロジェクト(2003年4月〜2006年3月)における研究の一環として、LIME(日本版被害算定型ライフサイクル環境影響評価手法)の第二版(LIME2)を開発しました。  第一期LCA国家プロジェクト(1998年4月〜2003年3月)において開発されたLIMEの信頼性と汎用性を向上させると共に、LCIAの実施を産業界に定着させるための調査研究を行い、以下の事項が改良されました。
  1. 信頼性の向上
    被害係数の不確実性分析を実施して、ライフサイクル解釈に活用できる影響評価係数リストを構築しました。代表値と確率分布を同時に示したリストを構築することで、目的の設定からLCI、LCIA、解釈までの一貫したLCAの実施を可能にします。

  2. 代表性の向上
    全国一斉無作為抽出による面接調査と環境経済学に基づく統計分析により、社会的合意性の高い統合化係数の開発を行いました。これにより、日本全国で汎用的に活用することができる統合化係数を得ることができます。

  3. 網羅性の向上
    室内空気汚染、騒音を新規に影響領域として含め、当該影響領域を対象とした特性化係数、被害係数、統合化係数を開発しました。これにより、シックハウス対策や騒音対策を行った製品の環境優位性を適せるに評価することが可能となります。
本研究の成果は、LCA日本フォーラムにおいて、日本を代表するLCAデータベースとして公開する予定です。




活動

当研究センター主催 LIME2ワークショップ
 
LIME2の特徴を紹介、また今後のLCIA研究の発展の方向性について議論することを目的としています。
開催日 ワークショップ名 報告書
2007.08.03 LIME2ワークショップ 不確実性分析 -意思決定支援の環境影響評価システムのあり方-
2007.01.22 LIME2ワークショップ
環境影響の統合化-日本全国で利用することができる統合化係数とは-

ページの先頭へ
お問い合わせソフトウエア
*注:産総研管理以外のサイトへのリンクは別ウインドウで開きます
©2001-2007 産総研 LCA研究センター
| 産総研ホーム | ニュース | 研究紹介・成果 | 相談・手続き・問合せ |
ご利用条件 | 個人情報保護 | 関連リンク ©2001-2009 産総研
本格研究
(基礎研究から開発へ)