ナビゲーション部分スキップ独立行政法人 産業技術総合研究所
 サイトマップ

 ENGLISH


産総研ホーム

ニュース

研究紹介・成果

相談・手続き・問合せ


現在位置> 組織 > 研究センター > ライフサイクルアセスメント研究センター > 研究紹介・成果 > ソフトウエア:AIST-LCA Ver.4 メニュースキップ
| アクセス | リンク | サイトマップ |

ソフトウエア



AIST-LCA Ver.4


国際規格(ISO)に準拠したLCAを実施することを支援するソフトウエアの最新版です。前バージョンであるNIRE-LCA Ver.3を改良し、新機能を追加して、ユーザーフレンドリー機能を強化しました。
主な特徴
  • ISO-14040に準拠
  • 充実したデータベース(400超)
  • 影響評価手法LIMEの搭載 (日本版被害算定型影響評価手法)
  • 簡便な操作性
  • 前バージョン(700本販売)データにも対応



ISO-14040に準拠



LCAの構成段階(ISO-14040を改変)
目的及び調査範囲の設定
 LCA実施の目的等を入力する。

 評価対象のステージを自由に設定し、各ステージ間の輸送モデルを設定する。

インベントリ分析


(インベントリ分析の概念)
設定した条件に基づき、インベントリ計算が実施され、ステージ別や原因別等の様々な角度でのデータ分析が可能である。

インパクト分析 解釈、報告書作成
 従来の特性化、正規化だけでなく、LIMEによる被害評価統合化計算が実施可能である。  報告書作成の支援: 画面に従って必要事項を記入・選択することで、ISOに準拠した報告書の作成が可能である。

充実したインベントリデータベース


(プロセスシートの表示)

(表示するプロセスの選択)
  インベントリデータベースには、各種の素材や燃料の製造、発電、燃料の燃焼などのデータを搭載している。
  各プロセスにおける入出力を一覧で確認することが可能である。
  社内データなど、新規データの追加も容易に行うことが可能である。


〜その他の特徴的な機能〜

  • 輸入モデル(多国間貿易の計算、国間距離データベース搭載)
  • プロセス間の輸送の設定
  • リサイクル効果の解析補助
  • 日本語/英語両言語対応
  • 物質名の一元管理、新同義語辞書
  • ミニ表示、土地利用の追加
  • データのインポート、エクスポート、ファイルの合成
  • アロケーションをソフト中で実行可能
  • 産業連関表分析結果の取り込みが可能
  • オンメモリ処理による実行時間の短縮 など    

ページの先頭へ
お問い合わせソフトウエア
*注:産総研管理以外のサイトへのリンクは別ウインドウで開きます
©2001-2007 産総研 LCA研究センター
| 産総研ホーム | ニュース | 研究紹介・成果 | 相談・手続き・問合せ |
ご利用条件 | 個人情報保護 | 関連リンク ©2001-2009 産総研
本格研究
(基礎研究から開発へ)