ホーム > 研究課題 > 部門戦略課題 > 安全管理政策に資するリスク評価研究

安全管理政策に資するリスク評価研究

グループ リスク評価戦略グループ 環境暴露モデリンググループ 排出暴露解析グループ 爆発安全研究グループ 爆発利用・産業保安研究グループ
プロジェクトリーダー 緒方 雄二

研究の背景

産業と環境が共生する社会の実現に向けて、化学物質や材料、エネルギーを適切に利用することで環境リスクやフィジカルリスクを低減することが必要です。このために、環境リスクやフィジカルリスクの評価・管理手法の開発を行政・企業等の社会ニーズおよび国際化に対応して進めています。

概要と目標

化学物質のリスク評価研究では、新たな社会ニーズに対応するため、新規材料及び化学物質複合影響のリスク評価手法の開発を進めます。また国際的利用も視野に入れて評価ツールを高度化します。

爆発安全評価研究では、高エネルギー物質や高圧ガスの発火・爆発現象の解明を進め、安全性評価手法や爆発影響を低減化する技術、有効利用技術を開発します。国連試験法の提案などを通じて、国際的な危険物質の取扱基準の策定に貢献します。

化学物質のリスク評価ツール

化学物質のリスク評価ツール

社会へのインパクト

  • 化審法、火取法、高圧ガス法等の運用・改正へ貢献
  • 国連試験法の改良
  • 企業の化学物質自主管理を促進
  • 保安距離の短縮等の規制緩和
  • 高エネルギー物質、高圧ガスの有効利用の拡大

TNT爆薬の爆発状況
出典:不発弾処理技術基準検討委員会報告書(平成19年3月)