ホーム > 研究課題 > 部門戦略課題 > 鉱工業のイノベーションを支える評価技術の開発

鉱工業のイノベーションを支える評価技術の開発

グループ 排出暴露解析グループ 爆発利用・産業保安研究グループ 社会とLCA研究グループ エネルギーシステム戦略グループ IDEAラボ(Research Laboratory for IDEA)
プロジェクトリーダー 玄地 裕

研究の背景

産業と環境が共生する社会の実現に向けて、化学物質や材料、エネルギー・環境評価等のイノベーションを支える産業から地球規模のリスク評価・管理手法を開発するとともに、産業の安全及びリスク低減化に向けた評価技術の開発を行います。

水素エネルギーキャリアのスクリーニングリスク評価結果と一般的なリスク許容レベルとの比較

水素エネルギーキャリアのスクリーニングリスク評価結果と一般的なリスク許容レベルとの比較

概要と目標

水素サプライチェーンなどを対象に、事故発生確率、ハザード、脆弱性、暴露、リスク評価から産業保安、社会受容性に至る一貫した安全管理に関わる解析評価を行います。

エネルギーリスク低減・セキュリティ向上に対し、エネルギー技術(創蓄省+マネジメント技術)とその普及によるCO2削減・省エネ効果の評価を行います。

マルチクライテリア評価に向けた影響手法開発とインベントリデータベース IDEAの構築を行います。

海外版IDEAの作成状況

海外版IDEAの作成状況

社会へのインパクト

  • 水素社会実現への貢献
  • 保安力評価の普及を通じて製品の安定供給や企業価値の向上、事業所周辺住民の安全を推進
  • 社会のCO2低減、省エネの推進に貢献
  • マルチクライテリア評価手法により、企業による国際的な環境対応アピールを実現