産業技術総合研究所(AIST)  >  研究部門  >  安全科学研究部門(RISS)  >  外部予算PJ  >  リスクトレードオフ解析手法開発

研究開発の概要


    環境安心イノベーションプログラムは,「資源制約を克服し,環境と調和した持続的な経済・社会の実現と,安全・安心な国民生活を実現するため,革新的な技術開発や低炭素社会の構築等を通じた地球全体での温室効果ガスの排出削減,廃棄物の発生抑制(リデュース),製品や部品の再使用(リユース),原材料としての再利用(リサイクル)推進による循環型社会の形成,バイオテクノロジーを活用した環境に優しい製造プロセスや循環型産業システムの創造,化学物質のリスクの総合的な評価およびリスクを適切に管理する社会システムの構築を推進する」ことを目的に,実施されています。産総研は,このプログラムの下で,「化学物質の最適管理をめざすリスクトレードオフ解析手法の開発」事業を2007年度から5年間にわたり実施しました。ここでは,プロジェクトの概要を紹介します。

化学物質の最適管理をめざすリスクトレードオフ解析手法の開発の開発プロジェクト

    リスクトレードオフとは,目的リスク(削減の直接的な対象であるリスク)を減少するための行為により,対抗リスク(目的リスク低減により新たに生じるリスク)が生じた際のリスクの変化と定義されます。

    産総研では,このプロジェクトでリスクトレードオフを解析できるように,以下の開発を行いました。

    ・  限られた既存情報から暴露と有害性の情報を補完する手法

    ・  同一用途群の化学物質の代替に伴うヒト健康リスクまたは生態リスクの変化(すなわち,リスクトレードオフ)を定量的に解析する手法

    これらのリスクトレードオフ解析手法を開発することにより,化学物質代替に伴うリスク代替とリスク変換に伴うリスク変化の評価を可能としました。

表1 リスクトレードオフの種類


* リスクトレードオフ解析手法開発では,洗浄剤,プラスチック添加剤,溶剤・溶媒および金属類の代表的な4用途群の化学物質の代替を対象とします。これらの用途群を対象とした理由は,以下の通りです。

    ・  環境排出量が多く,代替事例も多い

    ・  製品の使用や廃棄段階からの環境排出を考慮する必要がある

    ・  室内での高濃度暴露や直接暴露が懸念される

    リスクトレードオフ解析手法開発は,以下の6研究開発項目で構成されています。各項目の詳細については,「研究開発項目の紹介」をご覧下さい。

    @  排出シナリオ文書(ESD)ベースの環境排出量推計手法の確立

    A  化学物質含有製品からヒトへの直接暴露等室内暴露評価手法の確立

    B  地域スケールに応じた環境動態モデルの開発

    C  環境媒体間移行暴露モデルの開発

    D  リスクトレードオフ解析手法の確立

    E  4つの用途群の「用途群別リスクトレードオフ評価書」の作成

    下の図は,開発する暴露と有害性情報の補完手法,リスク比較手法および社会経済分析を4つの用途群にどのように適用するかを示しています。

    2007年度からの最初の3年間は,洗浄剤とプラスチック添加剤の2用途群を先行し,開発する手法を適用して,これら2用途群のリスクトレードオフ評価書を作成しました。また,後半の2年間は,溶剤・溶媒と金属類についてリスクトレードオフ評価書を作成しました。