ホーム > 研究成果 > 年報 > 2013 > 科学研究費補助金(研究成果公開促進費)データベース(研究成果データベース)リレーショナル化学災害データベース

科学研究費補助金(研究成果公開促進費)データベース(研究成果データベース)リレーショナル化学災害データベース

「リレーショナル化学災害データベース」は、継続的に化学関連災害を収集し、公開することを目的としているデータベースで、化学災害に関連した物質の危険性データへのリンクや文字情報以外のプロセスフロー図、装置図、化学反応式などの付帯情報(画像情報)へのリンクを持ち、利用者が利用しやすいように最終事象、装置、工程、推定原因、被害事象を専門家によって階層化されたキーワードで分類し、教訓を持つことを特徴としている。また、一部の事例には産総研で開発した事故分析手法PFAによって事故を分析した結果である事故進展フロー図がリンクされ、利用者がより簡便に深く事故を理解できるように工夫されている。

本研究では、日々化学災害事例の収集、分析を行い、事故の概要文を作成した約200件の事例について、関連化学物質の抽出作業および各キーワードによる分類作業を行いながらデータベースへの登録、公開を行った。また、事故分析手法PFAの結果である事故進展フロー図約10件をWebで公開するフォーマットに整える作業を行い、データベースに登録、公開を行った。

公開URL:http://riscad.db.aist.go.jp

研究担当者

  • 和田 有司
  • 若倉 正英
  • 中島 農夫男
  • 松倉 邦夫
  • 伊藤 俊介
  • 阿部 祥子
  • 河辺 圭美
  • 伊藤 貴子