ホーム > 研究成果 > 年報 > 平成24年度 物質循環・排出解析グループ

平成24年度 物質循環・排出解析グループ

 

新規物質のリスク評価や代替物質のリスクトレードオフ評価を通じて、物質の代替・開発の意思決定や排出抑制対策などの行政、企業のリスク管理に還元することを目標として、物質フロー推定手法や環境中への排出量推定手法の開発、発生源の同定手法、環境中動態推定手法およびヒト・生物の暴露量推定手法の開発を行っている。平成24年度は、以下の研究を実施した。

①環境排出量推計手法の開発

・可塑剤を対象に、家電製品等に使用されるプラス研 究(102)チック表面からハウスダストへの移行量測定方法を検討するとともに、ハウスダスト移行速度が大気放散速度よりもはるかに大きい可能性があることを明らかにした。・パッシブ型の放散量測定装置を用いて建材からのフタル酸エステル類の放散特性を把握するための試験を行った。放散速度は、拡散長の逆数と線形に比例していた。また、マイクロチャンバー法で測定した放散量と比例関係が見られた。

②環境中動態推定手法の構築

・金属類の環境媒体間移行・暴露推定ツールAISTMeTraについて、pH 等の土性が反映できるよう改良した。

③工業ナノ材料の暴露評価手法の開発、リスク評価及び適正管理の考え方の構築

・カーボンナノチューブ(CNT)の作業環境濃度計測手法として、小型計測器の応答パラメータを取得し、作業環境計測の手引書を作成した。また、CNT 粉末およびその加工品からのCNT の飛散を評価した。凝集体としての排出が主であることを確認した。・ナノ粒子の特性と体内動態との関係を把握するために、粒径や形状の異なる二酸化チタンナノ粒子の気管内投与試験や静脈内注射試験を実施し、各臓器への移行について分析・解析を行った。その結果、ナノ粒子の体内の蓄積部位(気管内投与:肺、静脈注射:肝臓・脾臓)やクリアランス速度を明らかにすることができた。

④アジアにおける鉛のサブスタンスフロー

・排出量推定モデルの開発・中古品を中心に貿易データの精度を改善することで、各ライフサイクル段階において国間を移動する鉛のフローの推定精度を向上させるとともに、世界各国の鉛のサブスタンスフロー推定結果を更新した。・衛星データを用いて違法リサイクルの立地パターンを考慮した排出量の空間割り振り手法を開発した。サブスタンスフロー推定結果から得られる鉛の国別大気排出量を5km グリッドに配分した。・中国の電気電子機器廃棄物の集積地を対象として局所における簡易的な暴露評価を実施し、上記のグリッド排出量を入力値とした大気、河川水、底質の濃度推定値が実測値と同じオーダーとなることを確認した。