ホーム > ソフトウェア

ソフトウェア

環境暴露モデル

環境暴露モデリンググループでは、環境中の媒体別に、化学物質からの暴露とリスクを評価するモデル(ADMER、ADMER-PRO、SHANEL、RAMTB、CBAM、ICET、METI-LIS)を開発しています。
本ページでは、当研究グループの「環境の読み書きそろばん」ともいえる以下のソフトウェアを紹介します。

グラフィックス1

 

AIST-ADMER(産総研-曝露・リスク評価大気拡散モデル) 大気中の化学物質濃度を排出量と気象条件から計算するモデル
ADMER-PRO(二次生成対応広域大気モデル) 大気への排出物質に加えて化学反応により生成する物質の濃度も推定できるモデル
AIST-SHANEL(産総研-水系暴露解析モデル) 全国河川での化学物質の濃度分布や時間変化を推定するモデル
AIST-RAMTB(東京湾リスク評価モデル) 東京湾等の内湾における化学物質の濃度を解析するモデル
AIST‐CBAM(有害化学物質生物蓄積モデル) 海域に生息する生物(魚類)に蓄積される化学物質濃度を推定するモデル
ICET(室内製品暴露評価ツール) 室内製品に含まれる化学物質の人への吸入、経皮および、経口経由の人への暴露量を推定するモデル
iAIR(室内暴露評価ツール) iAIRの機能はICETに移行しました。
METI-LIS(経済産業省-低煙源工場拡散モデル) 工場周辺(10km程度以内)の大気中の化学物質濃度分布を工場建屋の影響も考慮して計算するモデル

その他

AIST-MeRAM(アイストミラム)(産総研―生態リスク評価管理ツール) 化審法の法体系に対応可能な実務的な生態リスク評価管理ツール。自身のPCにインストールすれば、特別な知識がなくてもPC画面上でのマウスクリックでリスク評価が可能です。
AIST-MeTra(金属類の環境媒体間移行暴露量計算ツール)[近日再公開] 
地域特異的経口摂取量推定ツール(SIET)
Sarchive(サーカイブ)
RiskCaT-LLE(損失余命の尺度に基づくリスク計算機) ご注意.ソフトウェアの配布は終了いたしました