ホーム > ソフトウェア > AIST-MeRAM(アイストミラム)(産総研―生態リスク評価管理ツール)

AIST-MeRAM(アイストミラム)(産総研―生態リスク評価管理ツール)

概要

  化審法やREACH法、生物多様性保全への対応において、化学物質のリスク評価管理のニーズが高まっています。一方、リスク評価を行うには、煩雑な評価手続きに多大な時間と高度な専門知識が必要とされ、「素人には無理、玄人には戸惑い」と言われています。AIST-MeRAMは高度なリスク評価技術および膨大な評価用データを搭載した「準人工知能リスク評価管理システム」です。

 開発段階から積極的に業界のニーズをヒアリングしながら、ニーズの高い機能から順次に実装してきました。2013年7月に日本語版0.9.12、2014年12月に英語版1.0.0をそれぞれ最初の一般公開版としてリリースしました。リリースして以来、国内外のユーザーから様々なご意見をいただきました。2015年7月タイ・バンコクでタイ工業連盟と日化協が主催したAIST-MeRAMワークショップ、2016年6月淡路島で開催したICCA-LRI国際ワークショップでAIST-MeRAMの教育セッションをそれぞれ開催してきました。この度(2017年4月)、ユーザーの意見やニーズに対応した機能改善(例えば、毒性データの信頼性に応じた評価用データ選別機能など)、リスク評価結果に応じたリスク管理オプション提示機能の搭載、環境省初期リスク評価書DB&農薬DBの生態毒性データの拡充、搭載データベースの軽量化などを実施した新バージョン「日本語版AIST-MeRAM2.0.1(H28PRO-2006)」「英語版AIST-MeRAM2.0.0(H28PRO-2007)」を同時に公開します。ご興味がありましたら、どうぞご自身のPCにインストールして使ってみてください。なお、ASEAN諸国のユーザーのため、多国語版(中国語版、タイ語版、ベトナム語版)の操作マニュアルを作成している最中です。どうぞご期待ください。

ソフトウェアサイトへ (日本語版)
ソフトウェアサイトへ (英語版)